100均とは思えない!おすすめ快適ディスクタイプタッチペン 使用感レビュー

入力機器 スマートフォン タブレット タッチペン スタイラスペン

細かい文字やお絵かきに、ディスクタイプタッチペン

入力機器 スマートフォン タブレット タッチペン スタイラスペン

パッケージと裏面「ご使用上の注意」

スマートフォンやタブレットのタッチ操作をするとどうしても画面が汚れてしまいます。

特に皮脂汚れが光の加減などで気になります。

この問題はタッチペンを使うことにより解決できます。

また、タッチペンを使うことの大きなメリットとして、指先では難しい繊細なタッチ操作が容易にできる点があります。

スマートフォンのような小さな画面では、指に比べて正確にタッチできて使い勝手がいいです。

主にスマートフォンで文章を書くときに使用することが多いのですが、タッチ精度や操作性は不満な点もありました。

ゴム製タッチペンは引っ掛かる感じがするので、スムーズな入力ができません。

その不満点を解決するべく、導電スポンジなるものを求めて大阪日本橋まで出向いて自作したこともありますが、感度がいまいちで満足のいくタッチペンを作ることは出来ませんでした。

入力機器 スマートフォン タブレット タッチペン スタイラスペン

歴代のタッチペン

ドロー系ソフトなどに使う電気式ペン以外はどれも同じだろうと思っていたので、仕方なくゴム製のタッチペンしか使ってきませんでした。

それでも画面に汚れがつかないので結構重宝していました。

入力機器 スマートフォン タブレット タッチペン スタイラスペン

ペン先の比較

ある日愛用の安物タッチペンを紛失したので、最寄りの100均へ買いに行きました。

この時、最寄店舗がたまたま「CAN DO」でした。

もし他の100均へ行っていたら、このタッチペンには出会えていませんでした。

従来のゴム式と違う見慣れないペン先で「ディスクタイプタッチペン」のキャッチフレーズ。

この時初めてペン先がディスクタイプのタッチペンがあることを初めて知りました。

タッチペンがこんなに進化していたとは全く知りませんでした。

入力機器 スマートフォン タブレット タッチペン スタイラスペン

シルバーとブラックの2色

入力機器 スマートフォン タブレット タッチペン スタイラスペン

タッチペン寸法等詳細

てっきり先端のディスクは取って使うものだと思っていました(汗)。

一見すると先端についている透明円盤がどう考えても使いにくいだろうと思っていました。

入力機器 スマートフォン タブレット タッチペン スタイラスペン

ディスク部

実際に使ってみると、事前予測は完全に裏切られ、まさに「目から鱗」状態でした!

ペン先がゴム製に比べて摩擦が少ないので、滑りが良くて操作性に非常に優れたタッチペンです。

特に言語入力時のフリック操作が快適にできることに驚愕しました!

文字入力が楽しくなるくらい、とても捗ります。

指での入力とは比べられないスムーズさです。

入力機器 スマートフォン タブレット タッチペン スタイラスペン

また、ディスク部はペン先がクリアなのでペン先を確認しながら使用できます。

スマートフォン画面でのPCモードWEB閲覧時には表示が小さすぎて指では選択が困難ですが、このタッチペンを使えば一発でクリック可能です!凄い便利で驚きでした。

入力機器 スマートフォン タブレット タッチペン スタイラスペン

透明ディスク部

特に今までイライラする作業の一つに文字選択がありましたが、このタッチペンを使えばスムーズに選択できることに感動しました!

タッチ感度良好、細部の選択、ディスクの滑らかさ、文字入力のスムーズさ、正確性、ボールペン付きなど、とても108円とは思えないクオリティです。

情弱の私は後で知ったのですが、使いやすいとの評判が拡散して長らく品薄状態が続いていたらしいです。

まさに評判通りの使いやすいタッチペンで品薄になるのも納得です。

満点以上のタッチペンですが、敢えて残念な点をあげるとすれば
キャップがネジ式なのとペンクリップがないことです。

それとディスクがゴム素材で接続されているので仕方ないのですが、ペンの角度が40度より浅い角度になるとディスク部分が逆になってしまうことが多いです。

とにかく100均商品としては素晴らしいタッチペンなので予備用に追加購入決定です。

もう一つ欠点がありました。

それは「CAN DO」の店舗数が少ないことです…

ディスクタイプのタッチペンを検討されている方は、使用感を試すには最適です。