カシオデジタルカメラの互換バッテリー(NP-80)




デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

価格が魅力のサードパーティー製は使えるのか?

スマホカメラの限界

先日、外出先で珍しい鳥を見つけたので撮影しようと慌ててスマートフォンで撮影したのがこれです。

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

そっと近づいて撮影しましたが、どこに鳥がいるのかさえ全く分からない写真となってしまいました。

矢印の先にはカワセミがいるのですが画像からは全く識別できません。

光学ズームがないスマートフォンカメラの限界です。

眠っていたデジカメ

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

そこで長年放置してある光学5倍ズームのデジタルカメラ(EXILIM EX-ZS6SR)を再び使うことにしました。

ところが満充電にしてもすぐにバッテリー残量がなくなってしまいます。

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

純正バッテリーの容量は700mAhとなっていますが、試しにUSBテスターで積算電流値を測定してみたところ約半分の347mAhで満充電となってしまいます。

それでも半分は充電できているはずですが、減り具合が異常に早くて残量表示が全く信用できません。

バッテリー交換

純正バッテリー「NP-80」の概要

  • 電圧:3.7V
  • 容量:700mAh
  • ワット時定格量:2.6Wh
  • 質量:15g
  • 製造国:中国

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

純正バッテリー外観

明らかに劣化しているのでバッテリーだけを買い替えることにしました。

しかし、メーカー純正品は非常に高額です。

そこで格安のサードパーティー(社外品)互換バッテリーを購入することにしました。

今回購入したのはこちら

●定形外送料無料●『CASIO/カシオ』NP-80 互換 バッテリー 【ロワジャパン社名明記のPSEマーク付】
created by Rinker

商品到着

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

プチプチ製の封筒に密封されており、注文翌々日にポストに入っていました。

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

封筒裏面

三カ月間の保証があり品質に対するメーカーの自信が伺えます。

互換バッテリー概要

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

商品外観

互換バッテリーの概要

  • 使用セル:BAK(※)
  • 電圧:3.7V
  • 容量:850mAh
  • ワット時定格量:3.1Wh
  • 質量:15g
  • 製造国:中国

(※)中国の大手リチウム系電池セルメーカー。自社で製造開発を行う一次サプライヤーで品質も信頼できそうです。

電気用品安全法に適合している証でもある「PSEマーク」付きです。

純正品との比較

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

互換バッテリーですので純正品と形状サイズは全く同じです。

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

記載されているバッテリーの容量が違いますが重量はどちらも15gでした。

相違点

本体に記載してある「容量とワット時定格量」が純正品よりも大きい数値となっています。

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

純正バッテリーの底面は長方形の溝状に一段凹んだ面になっており、さらに中央部に丸い窪みがあります。

今回交換した機種「EXILIM EX-ZS6SR」の本体蓋開閉には全く問題がありませんでした。

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

しかし「EZ-ZS190」など、カメラ本体の蓋に突起が付いている機種は蓋を閉めることができないようです。

「社外品は使わさせないぞ!」というメーカーの意図が感じられます。

自己責任で干渉する蓋の突起を削れば使用できるようですが…

積算電流を測定

デジタルカメラ 互換バッテリー NP-80

使い切った互換バッテリーが満充電になるまでの積算電流値を測定した結果は670mAhとなりました。

純正品と同じ重量なので記載されている容量850mAhは誇大なような気もします…

2割程度のロスが普通なのか否なのかはよく分かりませんが、それでも使用時の電池持ちはかなり改善されました。

総評

対応機種一覧に型番が書いてある場合でも、カメラ本体の蓋が干渉して閉まらない機種があるようなので注意が必要です。

記載されているバッテリー容量も怪しいと思いましたが、使用可能時間は十分満足できました。

やや詰めの甘さも感じられる商品ですが、純正品の約1/4という安価な互換バッテリーが入手できることは非常に有難いです。

カメラ自体が格安だったので、仮に高価な純正バッテリーしか使えないとしたら、購入しなかったと思います。

耐久性については未知ですが、業者の保証姿勢や製造メーカーを公表していることなどから期待できるかも?