Type-C対応一台三役USBデジタルテスター【J7-C】




Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

USB-A、Micro-B、Type-Cに対応した十字型マルチテスター

Type-C USBテスター

AC充電器のUSB端子はType-Cに変わりつつありモバイル端末の急速充電も一般的になってきました。

Type-C対応USBテスターの価格下落を期待して欲しいものリストに登録していたところ、セール価格になったので注文してみました。

今回購入したのは十字型が特徴的なUSBデジタルテスターです。

商品名(説明?)が非常に長いわりには肝心な型番や商品名が記載されていません。

商品名や型番がないとネット上での情報収集に困ります。

この種のテスターは中国版アマゾンのアリエクスプレスでも多数販売されていると思って調べてみると外観がまったく同じテスターを複数確認。

それらの商品説明によると「J7-C」というモデル番号のようです。

余談となりますが価格に惹かれてアリエクスプレスなど中国通販サイトからの購入も検討していましたが以下の理由で踏み切ることができません。

  • クレジットカード使用に抵抗あり
  • 商品到着までの期間
  • 不良品だった場合の交渉難度が高くて時間を要する
  • 最悪泣寝入りの可能性もあり…

以上のことを考慮すると多少割高であっても国内販売業者から購入した方がいいと思います。

商品到着・内容物

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

中華メーカー「YOJOCK」という名前とロゴ入りの箱の中からUSBテスターが収められた専用プラスチックケースが出てきました。

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

内容物は

  • USBテスター本体
  • Micro Bアダプター(本体に装着)
  • 英文説明書
  • 問い合わせ&高評価レビュー依頼カード
  • 透明プラスチックケース
  • スポンジモールド

英文説明書

英語がほとんど読めないので英文説明書では使い方がよく分かりません…

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

Google翻訳 で和訳した内容は以下のとおりです。

According to the above drawing 2 complete the connection,under the condition of constant power supply and load,change different data cable,current displayed on USB tester is larger,quality of data cable is better,and the charge speed is faster.

上の図2に従って、接続を完了します。

一定の電力供給と負荷の条件下で、別のデータケーブルを変更し、USBテスターに​​表示される電流が大きい、データケーブルの品質が向上し、充電速度が速くなります。

Tips:

When the ambient temperature changes or the outside heat conduction to tester causes the current to not return to zero and the display shows 0.01A or 0.02A or otherwise,Please Hold on the key buttion then insert to USB Charger It can make the current temperature of the ambient current zero calibration,After the zero can more accurate measurements.And when in Zero calibration,the output can not have any load current consumption,so usb tester display 0.00A

警告:

周囲温度が変化したり、テスターへの外部熱伝導により電流がゼロに戻らず、ディスプレイに0.01Aまたは0.02Aなどと表示された場合、キーボタンを押したままUSB充電器に挿入してください。周囲電流の現在の温度をゼロ校正にすることができます。

ゼロの後、より正確な測定が可能になります。

そして、ゼロ校正の場合、出力に負荷電流を消費させることはできません。

したがって、USBテスターディスプレイ0.00A

Operation introduction:

(1)Long press in the main interface means that electricity, time all are reset and cleared to zero (Wh. 00:00:00)
(2)Double click means that power is reset and cleared to zero (Wh)
(3)Triple click means that time is reset and cleared to zero (00:00:00)
(4) without holding down the key not to put into electricity, electricity is the current temperature environment current zero calibration(at the ambient temperature changes or external thermal conductivity to U table lead to current is not zero, zero calibration by this method, Zero calibration, the output shall not have any load current consumption, so as to avoid mistakes zero)
(5) if the enter background mode, short press the switch calibration interface,double-click the calibration starts

操作の紹介:

(1)メインインターフェースを長押しすると、電気、時間はすべてリセットされ、ゼロにクリアされます(Wh.00:00:00)
(2)ダブルクリックは、電源がリセットされ、ゼロにクリアされることを意味します(Wh)
(3)トリプルクリックとは、時間がリセットされてゼロにクリアされることを意味します(00:00:00)
(4)電気を入れないようにキーを押したままにしないと、電気は現在の温度環境電流ゼロ校正です(周囲温度の変化またはUテーブルへの外部熱伝導率で電流がゼロではない、この方法によるゼロ校正、ゼロキャリブレーションでは、ミスゼロを回避するために、出力に負荷電流消費がないようにする必要があります)
(5)バックグラウンドモードに入る場合は、スイッチのキャリブレーションインターフェイスを短く押し、キャリブレーション開始をダブルクリックします

Specification :

Voltage measuring range: 3.60V – 32.5 V Resolution precision: 0.01 V
Current measuring range: 0.00 -5.00 A Resolution precision: 0.01 A
Power cumulative range: 0-999999 MWH Resolution precision: 0.001 Wh
Power metering range: 0 – 299.999 W Resolution precision: 0.001 W
Timing maximum time: 999 H 59 M 59S Resolution precision: 1S
Time to refresh: > 500 ms/time> 500 ms/times
Measurement rate: 0.5 times/s Working temperature: -10 ~ +60°C
Product size: 65 x 24 x 14 mm Working humidity: 10 – 80 (no doubt)
Since the power flow: < 0.015 A The pressure of work: 80 – 106 kpa

仕様:

電圧測定範囲:3.60V〜32.5 V 分解能精度:0.01 V
現在の測定範囲:0.00 -5.00 A 分解能精度:0.01 A
電力累積範囲:0-999999 MWH 分解能精度:0.001 Wh
電力量計の範囲:0〜299.999 W 分解能精度:0.001 W
タイミング最大時間:999 H 59 M 59S 分解能精度:1S
更新時間:> 500ミリ秒/時間> 500ミリ秒/時間
測定速度:0.5回/秒 使用温度:-10〜 + 60°C
製品サイズ:65 x 24 x 14 mm 使用湿度:10-80(間違いなく)
パワーフロー以降:<0.015 A 仕事のプレッシャー:80-106 kpa

日本語が不自然な箇所もあると思いますが悪しからず。

何となく理解はできますがこの説明書だけでは全機能を使いこなすのは難しそうです。

いろいろ弄ってみて使い方をマスターすることにします。

本体外観

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

本体外観

USBテスターにしては特異な十字形状をしています。

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

各所寸法

多機能な割にはコンパクトなサイズ感です。

特殊な形状ですので接続するUSB-ACアダプターによっては支障が出る場合もあります。

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

本体重量

本体は17gなので非常に軽量です。

各部端子

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

各部端子外観

USB接続箇所として TypeA、Type-C、Micro-B(アダプター使用)のオス・メスを接続できる端子が全部で5カ所あります。

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

通電時

いずれかのINPUT端子に接続すると電子音とともに「Welcome」とディスプレイ部に表示されます。

画面表示

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

「Welcome」画面表示後には各項目数値が表示されたカラフルな画面に切り替わります。

表示形式は合計8パターンあり操作ボタンを押すごとに順次切り替わります。

通電時は前回表示していた画面が表示され数値も前回値がメモリーされています。

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

操作ボタンを長押しすることにより上下反転表示させることができます。

表示項目

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

主要画面に表示される主な項目は以下のとおりです。

  • 電圧:Vol
  • 電流:Cur
  • 電力:W
  • 抵抗:Ω
  • 電力累積:Wh
  • 温度:℃
  • 容量累積:mAh
  • 累積値補正係数:(注)
  • 経過時間:h:m:s
  • タイマー:OFF,AO,h:m
  • USB D+:V
  • USB D-:V

(注)累積値を補正するための係数だと思われますが違う可能性あり

設定画面

ボタンを押しながらINPUTに接続して通電すると設定画面になります。

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

設定画面

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

操作ボタンを押すごとに設定項目が順次切り替わります。

現在の電圧(初回表示画面)
2回連続押しで5.00V

現在の電流
2回連続押しで0.00A

過負荷電圧保護
2回連続押しで点滅表示となり数値変更が可能。1回押しで減、2回押しで増となり1.0~35.0Vの範囲で設定可能(※)

低電圧保護
2回連続押しで点滅表示となり数値変更が可能。1回押しで減、2回押しで増となり1.0~34.0Vの範囲で設定可能

過電流保護
2回連続押しで点滅表示となり数値変更が可能。1回押しで減、2回押しで増となり0.20~15.0Aの範囲で設定可能

累積値補正
2回連続押しで点滅表示となり数値変更が可能。1回押しで減、2回押しで増となり0.50~1.50の範囲で設定可能

(※)設定値の増減設定では1回押しで押し続ける或いは2回押しで押し続けると数値が早く変化します。

リセット

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

ボタンを押しながらINPUTに接続して起動した状態でボタンを長押しすると電子音とともに「RESET」と表示され各設定値を初期値に戻すことができます。

警告画面

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

設定範囲外の数値を検知した場合には警告音とともに「Tips!」と表示されます。

自動的に解除されたり電源OFFにはならないので手動で取り外す必要があります。

他のUSBテスターと比較

信頼できるメーカー製テスターでない場合は表示された数値が正確か否かはわかりません。

特に中華テスターの信頼度には疑問があると感じています。

Type-C USBテスター YOJOCK J7-C

同じ条件下で複数の中華製USBテスターを使って測定してみました。

結果、測定値は結構バラつきが出ました。

あくまで測定値は相対的な目安程度と考えて使用したようが良さそうです。

趣味範囲での用途であれば見た目もカラフルなうえ表示項目も多いので楽しめるUSBテスターだと思います。