MFi認証の確認方法 & Amazon Basicsライトニングケーブルレビュー

AmazonBasics ライトニングケーブル

Sponsored Links




安売りできないMFi認証も安心のAmazonブランドはコスパ最高!

安易に買わない

ガジェット関連アクセサリー類は100均ショップでも充実した品揃えで普段から重宝していますが、絶対に買わないもののひとつがライトニング端子を用いた商品です。

100均ショップに限らずサードパーティーが販売するライトニング関連商品は「MFi認証」以外は購入しないよう注意を払っています。

理由としてはOSバージョンによっては使えない可能性が高く、予期せぬ致命的な端末の不具合を招かないようにするためです。

具体的には充電時に端末側が要求する電力情報のやりとりが行われないので、適切な充電管理ができずバッテリーにダメージを与える可能性などがあります。

AmazonBasics ライトニングケーブル

MFiとは”Made for iPhone|iPad|iPod”の略で、アップル社がサードパーティーとの互換性を保証する認証プログラムのことです。

正式認証を得た製品にはロゴ使用が許可されるとともに、提供された認証ICチップを搭載しているのでユーザーは安心安全に使用することができます。

アップル社のお墨付きを得るには安くないコスト(ロゴとICチップ代)がかかり、それが価格に転嫁されるので激安での販売はできません。

しかしECサイトを覗いてみれば正式な認証を得ていないにもかかわらず「MFi認証品」と謳って堂々と販売されているのが散見されます。

MFi認証を得るには一つの製品に対して約4ドルの費用がかかるようなので、1,000円前後の価格設定で2~3本セットのライトニングケーブルなどはかなり怪しいと思うべきです。

MFi認証品の確認方法

大手ECサイトでもMFi認証ロゴの無断使用が放置されている状況なので、消費者は見分ける術を知っておくべきです。

以下にMFiライセンスを取得しているか否かの調べ方を記載しておきますので純正品以外を購入する際には確認してみましょう。

今回レビューする「Amazonベーシック ライトニングケーブル」を例にライセンスの取得状況を確認してみます。

初めに商品の「ASIN」コードを調べます。

AmazonBasics ライトニングケーブル

Amazonの場合は商品ページにある「登録情報」の中にASINコードが記載されていますので番号をコピーしておきます。

「MFi認証」と記載されているのにASINコードの記載すらない商品は避けるべきでしょう。

アップル公式サイトのMFi Licensed Accessoriesのページにアクセスします。

AmazonBasics ライトニングケーブル

をクリックして「Model」を選択します。

横の空欄に先ほどコピーしたASINコードをペーストして Search をクリックします。

AmazonBasics ライトニングケーブル

該当する製品が2つヒットしました。

Amazonジャパンで販売されているのはJANコード(810011410923)が記載されている下の方が該当するようです。

ちなみに上の方はUPCコードが付されているのでアメリカやカナダで販売されているもののようです。

以上の結果からAmazon BasicsのライトニングケーブルはMFi認証品であることが確認できました。

AmazonBasicsライトニングケーブル

今回購入したライトニングケーブルはこちら

2本入りセットの方が単価が安くなるのでおすすめです。

純正品は1本あたり約2,000円もしますが、Amazonベーシックなら半額以下で純正品に準拠するライトニングケーブルが入手できます。

AmazonBasics ライトニングケーブル

コストカットされたパッケージに派手さはなくエコを意識したようなシンプルな紙製小箱に2本のケーブルが収められています。

パッケージ表面には英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、オランダ語に続き日本語で「ナイロン編組USB-Lightningコネクター付きケーブル2パックケーブル」と記載されています。

AmazonBasics ライトニングケーブル

パッケージ裏面には日本語の記載がほとんどなく、ライセンスや注意点に関する事項が書かれています。

右上に「5V、3A」との記載がありますが、Amazon販売ページには「5V、2.4A」と記載されているので混乱します。

少し調べてみたところUSB-Aを用いたライトニングケーブルの急速充電規格は「5V×2.4A」が最大とされているのでパッケージの記載は間違っていると思われます。

AmazonBasics ライトニングケーブル

封印シールを切って開封してみると2組のケーブルが無造作に入っていました。

AmazonBasics ライトニングケーブル

内容物は至ってシンプルです。

AmazonBasics ライトニングケーブル

同梱の紙切れは英語表記なので訳してみました。

外観観察

AmazonBasics ライトニングケーブル

外観はナイロンメッシュの一般的なケーブルですが硬めの質感が気になりました。

AmazonBasics ライトニングケーブル

以前レビューした「Pixelでも使えるマグネット式USBケーブル Type-C&Micro-B」のケーブルと柔軟性を比較してみました。

画像からも分かりますがマグネット式ケーブルは柔らかくて非常に扱いやすかったのですが、今回購入したライトニングケーブルは針金?に近いような硬めのケーブルが採用されています。

取り扱う上でやや難ありな印象でしたが「硬め=高耐久性」という点に期待したいと思います。

AmazonBasics ライトニングケーブル

曲がり癖がつく硬いケーブルなので束ねた時に付属しているケーブルバンドが以外に便利だと気付きました。

AmazonBasics ライトニングケーブル

延長が90㎝なので総重量は24gと軽量です。

AmazonBasics ライトニングケーブル

MFi認証ではUSB-Aコネクターにも複数の規格が設けられています。

その中の一つに「USB接点は金メッキ」と記載されていますが、仕様通りに金メッキが施されているのが視認できました。

AmazonBasics ライトニングケーブル

ライトニングコネクターの端子接点部には金色(C48)と銀色(C89)がありますが、金色の方が古い規格となります。

AmazonBasics ライトニングケーブル

純正品と比較してみると接点部が同じ銀色なのは「Lightning C89端子」が採用されていることを示しています。

これは「ロジウム・ルテニウムメッキ」というものが採用されており、従来の金メッキと比べて酸化による通電不良が解消されるようです。

AmazonBasics ライトニングケーブル

バッテリー残量約40%のiPhoneを充電してみました。

モバイルバッテリーのUSB-Aポート最高出力は5V,2.4Aなので本ライトニングケーブルの最大出力の規格と同じです。

USB簡易電圧電流チェッカーを用いて充電状況を観察してみたところ、5V-1.9A前後で推移していました。

充電時の最大性能「5V×2.4A=12W」に対して「5V×1.9A=9.5W」なので凡そ8割程度で充電されていることになります。

最大出力の2.4Aとならなかったのは端末側の要求電力によるためだと思われ、バッテリー残量やユーザーの利用状況によって充電出力は変化します。

12W以上で急速充電したい場合は?

もっと早く急速充電したい場合は「Type-C&ライトニングケーブル」を用いる必要があり、電源アダプターもType-Cコネクターに対応した出力18W以上のものを使用することで最大18Wの充電が可能となります。

規格上では約1.5倍の充電スピードとなります。

発熱が少ない窒化ガリウムを採用した小型で軽量なオススメ充電器です。

アップル社純正のUSB-C電源アダプタはサイズが大きいうえプラグ部分が折りたためないのが残念なポイントです。