危険な電源タップ延長コード5mを交換




延長コード 5m WHA4915BP

パナソニック PANASONIC WHA4915BP
[延長コードX 5m ブラック]

延長コード 5m WHA4915BP

朝ごはんに食パントーストと牛乳をいただきます。

食パンが焼けるまで牛乳を温めようと電子レンジに入れて温めスタート!

ボーっと待っていると聞きなれない音に気付きました。

パチッ・パチッ・・!…

何の音だろう?と注意深く見廻してみると、電源タップ付近から白い煙が出ているではありませんか!

慌てて電子レンジを止めて延長コードのコンセントを抜こうとしたところ再び「パチッパチッ!」っと危険な音にビビります。

触った延長コードが熱くなっています。

先に元の壁コンセントを抜かないといけないことに気付いて慌てて抜きました。

何とか未然に火災の危機を回避できました。

延長コード 電源タップ テーブルタップ

一般的な3口電源タップ

同様の現象が壁内部や家具類の裏側などの見えない場所で発生していれば、間違いなく火災に発展するでしょう。

よく火災のニュースを聞きますが、電気が原因となる割合は結構多いようです。

普段便利に使っている電化製品、何気なく行っているコンセントの抜き差しなど、電気は見えないだけに危機感があまりありません。

改めて電気に対して正しい見識を持つ必要があると実感しました。

改めて現場検証をします。

延長コード 電源タップ テーブルタップ

溶けたコード

延長コード 電源タップ テーブルタップ

溶けたコード

今回使用していた3m延長コードは3個口電源タップの一般的なものを使用。

電子レンジ、トースター、炊飯器などの近くに壁コンセントがなかったので、昔から延長コードを使用していました。

使用状況は3個口電源タップに電子レンジとトースター、別の電源タップに炊飯器をさして使用していました。

3個口電源タップには「定格1500W」の記載があります。

そのタップに挿してあった使用機器は、電子レンジ950W、トースター860Wwwww!

同時に使用した場合は1810W!!!

明らかに定格オーバーです。

その他の台所にある電化製品も改めて確認してみると炊飯器だけで1200Wも消費します。

寒いときには電気ストーブ(800W)も使います。

その他にも湯沸かしポット、フードプロセッサー、ホットプレート、キッチンホットマットなどを使ったりします。

改めて台所で使う家電の消費電力の大きさに驚きました。

実は…、多少定格オーバーしてもブレーカーが落ちるから大丈夫だろうと考えていました。

延長コード 電源タップ テーブルタップ

使用状況

電源タップ延長コードの設置状況も悪かったのだと思います。

壁コンセントから扉の上にコードを這わせて、金属製フックに垂れ下げるように引っかけて使用していました。

3口電源タップとコンセントを2口挿した重みで、金属製フック付近のコードに無理な力が加わり曲がった状態で長期間使用していました。

その曲がった箇所のコード被覆が溶けた状態になっていました。

今回の反省点を踏まえて購入した延長コードは、

差し込み口が一口しかないパナソニック(Panasonic) 延長コードX(安全設計扉・パッキン付) WHA4915BPを購入しました。

延長コード 5m WHA4915BP

延長ケーブル WHA4915BP

これならば物理的にタコ足接続はできません。

この製品の特長として

  • ホコリの浸入を防ぐためにコンセント部に防水扉がある
  • 高電導材採用により発熱を抑える
  • 熱に強いユリア樹脂採用を採用した二重ボディ

信頼性も高そうです。

延長コード 5m WHA4915BP

使用上のご注意事項

製品パッケージの中に安全上のご注意として「警告」されています。

延長コード 5m WHA4915BP

「警告」

まさにこの警告を無視した使用状況でした!

今回購入した延長ケーブルは台所で消費電力の一番大きい炊飯器専用にします。

既存の電源タップ延長コードには消費電力の大きい電子レンジのみを接続。

他の空いた差し込み口にはタコ足接続できないように「コンセント安全キャップ」で塞いでおくことにしました。

今回の教訓

  • 使用する家電の規格を正しく認識すること
  • タコ足配線は基本的にしない
  • やむを得ない場合には使用する家電の出力を確認
  • 傷んだ古いコードは使わない
  • 延長コードは束ねたり、ねじれた状態で使用しない
  • 使わない家電はコンセントを抜く
  • 普段しない音や匂いがしたら徹底的に原因究明する

見えない電気だからこそ注意が必要なことを改めて思い知らされた出来事でした。