買い時到来!SanDisk SSD PLUSシリーズを購入




PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

コストパフォーマンスが良くなった2.5インチSSD【SDSSDA-480G】レビュー

購入動機

今回の購入動機はノートパソコンのHDD(ハードディスクドライブ)をSSD(ソリッドステートドライブ)に交換するためです。

検討事項

SSDを購入するにあたっての検討事項は以下のとおり。

  1. SSD規格サイズは「M.2」または「2.5インチ」
  2. メーカー
  3. 容量
  4. 価格

1.の規格については超高速の読込書込速度に惹かれてM2規格SSDも検討しましたが排熱の問題があると考えて却下。
2.5インチサイズでもHDDに比べれば遥かに早いのでストレスは感じないと思われます。

2.については最近聞きなれないメーカーが多くなったように思います。安い製品の中には粗悪品も紛れているようなので、高性能かつ信頼性が高いとされるSanDisk製を選択しました。

3.の容量については価格との兼ね合いから約500GBを目安に検討しました。

4.の価格は安いほど良いのですがNANDフラッシュの種類によって違ってきます。
価格と品質・信頼性のどちらを優先するかは使用頻度や用途によって人それぞれだと思いますが価格面を優先しました。

以上検討したうえで購入したのがこちら

価格推移を見てもほぼ横ばい状態となっており買い時のSSDであることに間違いはないと思います。

SSD仕様

SDSSDA-480G の主な仕様は以下のとおりです。

メーカー SanDisk(サンディスク)
型番 SDSSDA-480G
シリーズ SSD PLUS
フォームファクタ 2.5インチ 7mm SATA
インターフェイスタイプ SATA 6Gb/s
容量 480GB
フラッシュタイプ TLC NAND
読込速度 シーケンシャルリード最大 535MB/sec
書込速度 シーケンシャルライト最大 445MB/sec
平均稼動時間(MTBF) 175万時間
保証期間 3年間

何気に書かれている耐久性の目安とされる平均稼動時間(MTBF) が175万時間ってすごいと思います。

1,750,000時間=72,916日≒200年!!!

個体差はあると思いますが、現在生きている人は誰もSSDの最期を見届けることができない長寿命です。

開封

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

パッケージ表面

ブリスターパックのような梱包ではなくて簡易的な紙製パッケージです。

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

パッケージ裏・側面

パッケージ裏面及び側面には製品の特徴と性能などが記載されています。

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

パッケージ内容物

内容物は

  • SSD本体
  • 9㎜厚への変換スペーサー
  • SSD診断ソフトウェアダウンロードURL記載カード
  • 取扱説明書保証書

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

取扱説明書(抜粋)

1枚の取扱説明書は複数言語で記載されていましたので日本語部分を抜粋してみました。

なお、取扱説明書内に保証書があるので紛失しないように保管しておきましょう。

本体外観詳細

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

SSD本体の外観と各部位寸法

非常に軽くて筐体はプラスチック製ボディです。

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

SSD本体裏面

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

本体重量

外観に反して内部には小さな基盤が収まっているだけなので重量は32gしかありません。

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

付属の9㎜厚変換スペーサーは両面テープでSSD本体上面に取り付けます。

外付ドライブとして使用

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

以前レビューしました「ロジテック 2.5インチ外付けHDDケース」に装着してみました。

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

2.5インチ外付けHDDケースでの使用状況

ベンチマーク

SSD速度を計測する定番ベンチマークソフト「CrystalDiskMark」で計測してみました。

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

2.5inch外付けドライブUSB3.0ポートに接続して計測。

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

ノートパソコン搭載後に計測。

PCパーツ 内臓SSD 2.5インチSSD SATA

CrystalDiskInfo

「CrystalDiskInfo」によるSSD基本情報。

総評

初めて高根の花でもあったSSDを購入した当時は「2.5インチ128GBのSSD」が1万円切りの大特価!

9,980円で購入できたことに加えて起動時間が早くなったことに感動しました。

主流ストレージがHDDからSSDに変遷した今となっては約1/3の価格で買えてしまいます。

お手頃となったSSDはHDDを使用した古いノートパソコンの操作性を改善するための方策として効果覿面です。

スマホやタブレットと比べてパソコン使用を躊躇う要因の一つとして、起動時と終了時の待ち時間が億劫だと感じます。

今回HDDからSSDに交換したノートパソコンはWindows 10の起動時間が半減し、各種作業の操作性向上が実感できました。