ママチャリ自転車用のブリヂストン製サドルに交換




ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

ブリヂストンコンフォートサドル(SQ03 F160327GRC)

以前に自転車サドル交換をしてから一年も経っていないのですが、取り扱い方に問題があったので再度交換する羽目になりました。

サドルの角度が…

自転車の座り心地に違和感があるように思えますが外観に異常はありません。

暫くは気にせず乗っていたのですが座り心地は悪くなる一方です。

ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

よーく観察してみるとサドルの右側が若干下がっていました。

ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

下から覗いてみるとバネ固定部の樹脂が割れている箇所を発見!

う~む、心当たりが全くあ…、ありました!

ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

歩車道境界などの大きな段差を跨ぐときには自転車の車輪を持ち上げる必要があります。

その時にサドル後部(赤矢印)を掴んだのですが、「パキッ…」っと音がしたことがありました。

内側が割れた原因はサドルを掴んで持ち上げたことによるものです。

後輪を持ち上げる時は意識して荷台(青矢印)を掴むように心がける必要があります。

再度サドルを購入

今回は売れ筋メーカーでもある「ブリヂストン製」のサドルを購入しました。

ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

ブリヂストン(BRIDGESTONE) コンフォートサドル

【SQ03 F160327GRC 】

これにした主な理由は以下のとおりです。

  • 信頼できる国内老舗メーカー
  • 高評価の口コミ
  • バネ部の指挟みと錆を防止するスプリングカバー付き
  • 価格が安い
ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

取扱説明・警告・注意

各部外観寸法

ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

上から外観

大きさは一般的なサイズのサドルだと思います。

実測値は全長:252㎜、横幅:213㎜でした。

ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

横から外観

メーカーによるとサドル表面は破れにくいツートップ構造で後部のシート質感が違います。

継ぎ目はミシン目ではないので水が内部クッションに侵入することはありません。

ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

ヤグラのナットは13㎜レンチを使用します。

ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

シートポストを取り付けてみました。

ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

スプリングの錆防止と指を挟まないように取り付けられた柔らかいスプリングカバー。

ママチャリ サドル交換 ブリヂストン 自転車サドル コンフォートサドル

サドル本体の重量は825gでした。

乗り心地など

外観は「BRIDGESTONE」のメーカーロゴとスプリングカバーがあるので見た目は良くなりました。

肝心の乗り心地は以前のサドルと比べて大きさも変わらないので特に良くなったとは感じられません。

やや硬めのクッション素材のようで小一時間程度乗っているとお尻が痛くなってきます。

長時間のサイクリングには不向きなサドルだと感じました。

半時間以上乗るのであればワイドタイプのサドルにするべきだと思います。


自転車部品の中で常時身体に接するパーツとなるサドルは信頼できるメーカー製をおすすめします。

サドルの取り替え作業はこちら