安かろう悪かろうでも実用的!100均電球型LEDライト




100均 LEDライト USBライト

弱点改善!USB電源電球型LEDライトのUSBコードを修理してみた

100均で見つけたUSB電源の電球型LEDライトが結構明るくて実用的なので、2つ購入して使っています。

このLEDライトのいいところはUSB電源なので、他のLEDライトのように単4形電池を3本も用意する必要がないところです。

USB充電器やモバイルバッテリーで使えるのは非常に便利だと思います。

100均 LEDライト USBライト

しかしながら100均の商品なので、素材や部品に不具合が起こりやすいのが難点です。

今回もコードのUSBコネクター付近が割れているのに気づきました。

100均 LEDライト USBライト

この状態ですと断線するのは時間の問題です。

100均商品なのでコスト削減のためか品質の悪いコードを使用しているのでしょう。

まあ、100均商品なので仕方ないと思います。

点灯しなければただのガラクタとして廃棄ですが、このLEDは光量もあって明るいのでUSBコードを取り替えて修繕することにします。

安かろう悪かろうの100均商品でも、この電球型LEDライトは価格以上の価値があると思います。

100均 LEDライト USBライト

まずは分解してみます。

乳白色電球カバーは接着していない嵌め込み式なので簡単に取り外せます。

ソケット部分はネジ式なので回せば簡単に取り外ます。

中身は思った以上にシンプルでLEDの基盤以外は簡素な作りとなっています。

100均 LEDライト USBライト

円形の基盤にはLEDチップ(5730チップLED)と180と記載されたチップ抵抗が各10個取り付けられています。

「5730チップLED」の数字は寸法を表しています。(5.7ミリ×3.0ミリ)

基盤中央の穴からUSBコードの+と-極のコードがはんだ付けされているだけです。

これなら簡単に交換できそうです。

次に交換するUSBコードを探します。

100均 LEDライト USBライト

最近はほとんど使う機会のないminiUSBケーブルを使うことにします。

USB端子の先端をカットしてコード被服を剥ぎ取ります。

100均 LEDライト USBライト

中には4色のコードがあります。

赤と黒のコードを基盤にはんだ付けします。

他の2線はデータ用なので使用しません。

もともと付いてたUSBコードには赤と黒の2線しかありませんでした。

100均 LEDライト USBライト

基盤のコードをはんだごてで外します。

このときにコードの色を基盤にマークしておきます。

LEDには極性があるので逆に接続すると点灯してくれません。

100均 LEDライト USBライト

点灯するかチェック完了後に下手なはんだ付けを完了。

電球カバー無しでは直視できないくらいの眩しさです

100均 LEDライト USBライト

はんだ付けしたコードは非常に細いので、基盤の裏側からコードを基盤にホットボンドで補強しておきます。

【追記】後日に電球カバーを取り外したところ、ホットボンドが溶けだしていました。結構熱くなるようなのでホットボンドでは補強できません!

100均 LEDライト USBライト

本体カバー内のコードには負荷がかからないようストッパーとして結束バンドを取り付けました。

100均 LEDライト USBライト

修理完了

コード取り換えに合わせてスイッチの取り付けもしたかったのですが、作業部屋が猛暑のために断念しました。

機会があればチャレンジしてみたいと思います。

【分解・改造・修理は自己責任で行ってください。】