NEC製無線ルーターのポート開放【Aterm WG1200HS4】




Aterm WG1200HS4 ポートマッピング
Sponsored Links

外出先からIPカメラにアクセスするための必須設定

外出先から自宅内のIPカメラにアクセスするには交換した無線LANルーターのポート開放設定をしておく必要があります。

以前使用していた無線LANルーターはバッファロー製でしたが、今回NEC製に交換したので改めてポート開放手順を記録しておくことにしました。

NECではポート開放のことを「ポートマッピング」と呼称しているので以降は同様の記載とします。

Atermの設定画面

パソコン或いはスマートフォンなどの端末からポートマッピングする無線LANルーターのWi-Fiに接続されている状態にしておきます。

ブラウザを起動してアドレス欄に「192.168.10.1」と入力してEnterを押すと設定のログイン画面に入ることができます。

Aterm WG1200HS4 ポートマッピング

「ユーザー名:admin」と「パスワード:ルーター背面に記載」を入力してログインします。

設定手順

Aterm WG1200HS4 ポートマッピング

クイック設定Web画面の 詳細な項目を表示 をクリックすると設定できる項目がすべて表示されます。

Aterm WG1200HS4 ポートマッピング

クイック設定Web ホーム

詳細設定の ポートマッピング設定 をクリックします。

Aterm WG1200HS4 ポートマッピング

ポートマッピング設定(PPP)エントリー欄

追加 をクリックします。

Aterm WG1200HS4 ポートマッピング

ポートマッピング設定エントリ追加

NATエントリ追加の各項目に入力します。

  • 優先度:1~50までの番号(複数設定する場合は小さい番号が優先)
  • LAN側ホスト:IPカメラのIPアドレスを入力
  • ポート番号:チェックを外してIPカメラに割り当てた番号を入力

設定 をクリックします。

各項目に入力するIPアドレスやポート番号の確認については「アプリ(IP Webcam)でスマートフォンをIPカメラ化【設定編つづき】その2」の記事も参考にしてください。

Aterm WG1200HS4 ポートマッピング

設定変更受付完了

今すぐ再起動する をクリックします。

Aterm WG1200HS4 ポートマッピング

再起動中

無線LANルーターが自動的に再起動しますので暫く待ちます。

Aterm WG1200HS4 ポートマッピング

OK をクリックして設定は完了となります。

設定確認

Aterm WG1200HS4 ポートマッピング

再起動後はクイック設定Webからログアウトしているので再びログインを行います。

Aterm WG1200HS4 ポートマッピング

クイック設定Web ホーム

詳細設定の ポートマッピング設定 をクリックします。

Aterm WG1200HS4 ポートマッピング

ポートマッピング設定(PPP)エントリー欄

NATエントリに登録されていることを確認します。

スマートフォンをLTE(4G)接続に切り替えてIPカメラの映像が受信できているかを確認します。