Google Pixel4a デメリットレビュー




Pixel4a 使用感 デメリット
Sponsored Links

1か月使ってみて感じた不満点

「Pixel4a」を使い始めて早1か月が経過しました。

セールスポイントなどのメリットはネット上で多く見られますので、今回は使い勝手が悪いと感じた点に絞ってまとめてみました。(あくまでも個人的な感想です。)

なお、ゲームアプリに関して動作などの所感は一切ありません。

ハード面

ボディー

Pixel4a 使用感 デメリット

廉価版なので仕方ないのですがボディーの質感が非常にチープと言わざるを得ません。

更にカラーバリエーションがブラックしかないのが残念でした。

■対処法■

ケース装着或いはスキンシールでイメージチェンジができます。

SDカードスロット非搭載

Android端末の大きなメリットとして「SDカードスロット」により容易にストレージを増設できることが挙げられますが、Google製の端末には一貫して搭載されていません。

幸いPixel4aは128GBのストレージが搭載されていますので従来の64GB端末に比べても余裕があります。

それでも動画撮影や写真、アプリなどによって気付かぬうちに容量が圧迫されてくると思います。

■対処法■

Googleドライブなどのクラウドを利用。

外部USBメモリなどにデータ移動する。

SanDisk デュアルコネクタUSBメモリType-C【SDDDC3-064G-G46】レビュー

背面カメラ

単眼カメラなのでPixel3のようなシンプルデザインにして欲しかったのですが…

Pixel4a 使用感 デメリット

Pixel4同様の四角いカメラユニットを採用したことにより、出っ張り面が大きく平らな机等に置いたときに本体が浮いた状態となるのでガタつきが生じます。

また、接触面がカメラユニット部に集中するので傷がつく心配もあります。

Pixel4a 使用感 デメリット

■対処法■

これらの問題はある程度の厚みがあるケースを装着することによって解決できます。

Pixel4a 耐衝撃クリアTPUケースのレビュー

さらに背面カメラ保護フィルムを貼り付けることで傷を予防できます。

Pixel4a 背面カメラ用保護フィルム【PDA工房】の貼り付けレビュー

ディスプレイ

発売当初から有機ELディスプレイの発色について暖色すぎるとの意見が多く、確かにやや黄色っぽく感じていました。

しかし、しばらく使っているうちに目が慣れてきたのか気になることはなくなりました。

解決策としてディスプレイ画面の色調変更設定を試してみましたが、あまり変化は感じられません。

設定→ディスプレイ→詳細設定→カラー→「ナチュラル」を選択

個人的な感想ですが暖色系の方が眼精疲労が少ないように感じます。

一時的かもしれませんが「夜間モード」に目を慣らせてから解除すれば殆ど気にならなくなります。

■対処法■

暖色系の画面設定に目を慣らす。

発熱問題

カメラアプリを起動したままにすると温度が上昇しやすい傾向があります。

Pixel4a 使用感 デメリット

特に夏場など外気温が高い時に起動していると直ぐに警告が表示されます。

動画撮影時の実例は以下のとおりです。

動画撮影時の条件
・動画撮影設定:FHD、60fps
・室温:31.5℃
・動画撮影時のバッテリー温度:38℃

5分30秒後に警告が表示される。(バッテリー温度41℃)

8分経過後→バッテリー温度43℃

14分経過→バッテリー温度が45℃に達したのでカメラアプリを終了

Pixel4a 使用感 デメリット

Pixel4a搭載の充電式リチウムイオンバッテリーには、45℃を超えると熱暴走など異常が発生する恐れがあるので注意するよう記載されています。

高温状態での長時間運用はバッテリーの寿命を縮める原因ともなります。

カメラアプリに限らず高負荷アプリを長時間使用時するときには、温度をモニターをしながら使った方が良いと思います。

■対処法■

CPUやバッテリーの温度を監視できるアプリを導入して温度推移をモニターする。

GPS

Pixel4aは日本独自の衛星測位システム「みちびき」の対応機種です。

2018年11月から4機体制での運用が始まり、2023年頃には7機体制で運用することが決定されています。

日常的にGPSロガーアプリを使用しているので記録精度の向上に期待していました。

Pixel4a 使用感 デメリット

衛星を捉えるアプリを見ると「みちびき」からのシグナルを受信していることが確認できました。

センチ単位の精度で正確な記録ができると勝手に勘違いしていたのですが、Pixel4aで享受できるサービスは「従来のGPSより精度の向上と安定的に測位が可能」なレベルであり、従来とあまり変わらないことが判明。

しかしながら、みちびき非対応端末と記録精度を同時比較してみたところ位置精度が5m程度向上していることが確認できました。

ソフト面

標準ランチャーが使いにくい

標準ランチャー「Pixel Launcher」の使い勝手はあまり良くないと感じました。

不満点は以下のとおりです。

  1. ホーム画面下部の検索バーを消すことができない
  2. ホーム画面下部の検索バーの位置を変更できない
  3. ホーム画面上部の月・日・曜日・天気表示を消すことができない
  4. ホーム画面上部の月・日・曜日・天気表示の位置を変更できない
  5. ダブルタップなどでロック画面にできない(※1)
  6. ウィジェットが希望する大きさに設定できない

■対処法■

サードパーティー製のランチャーアプリを導入。

(※1)「Tap,Tap」というアプリ導入で解決
背面タップで操作Androidアプリ「Tap,Tap」設定・使い方【日本語訳付】レビュー